アイルトン・セナ - 男の肖像

男の肖像身体美学講座 Fhysical Aesthetics

アイルトン・セナ

哀愁の表情

2014年7月5日

モータースポーツの最高峰、といえばF1。
F1のステータスを語る常套句として定着している。
F1開催は先進国、一流国の証明。
事実上その目安の一つになっている。
近年新興国の招致がさかんで、開催数が増えている。

F1はレーサーにとっても夢の舞台。
飛び抜けた実力と運がなければ立てない。
年間王者になれば世界的有名人、ヒーローになる。
名声も収入も最高峰だ。

60年余の歴史の中で幾多の名ドライバーを輩出。
戦績を見るとミハエル・シューマッハがダントツ。
通算91勝は2位アラン・プロストの51勝をはるかに上回る。
ドライバーズチャンピオン7回も史上最多。
史上最も長く安定した王者であった。

ただし実力は数字だけでは計れない。
セナは勝利数41勝、チャンピオン3度。
プロストの51勝、4度にも及ばない。
だが史上最高(最速)のドライバーと評価されている。

レース中の事故で夭折、伝説になったからではない。
生きていても間違いなく伝説になったであろう。
勝負の世界はドラマチックであるのが当たり前。
彼はさらに神がかり的なパファーマンスを見せた。
技術論では説明がつかないような。

セナはF1デビューから4年目で名門マクラーレンに移籍。
同年からホンダと組んだ同チームは黄金時代を築く。
ドライバーは新鋭のセナと、当時屈指の実力者プロスト。
エースは当然プロストである。

しかし若き天才セナはプロストを抑えてチャンピオンに。
特にポールポジションは16戦中13回獲得。
エースのプロストを圧倒した。

その結果プロストは強い疑念を抱くようになる。
ホンダはセナの車に自分よりいいエンジンをのせている。
彼としては他に理由が考えられなかったのだろう。
やがて疑念は確信となり、ついには公言してしまう。

もちろんそんな事実はなかった。
いいがかりをつけられたホンダは供給停止を通告。
非を悟ったプロストがホンダに謝罪する顛末となった。
プロフェッサーの異名持つ彼に妄想を抱かせたのだ。

セナはレース後「神を見た」、と語ったことがある。
だが人々は疑念を持たないであろう。
彼ならありうるだろうと。
神がかり的なレースを見せられているだけに。

現在のトップドライバーたちも同じ。
アロンソやハミルトンは明言している。
「自分のヒーローはセナ」だと。

世代の近いシューマッハの強さ見ているはずだが。
シューマッハは記録に残る王者。
セナは記憶に残る王者。鮮烈なレースが鮮明に。

上の画像は彼の個性を端的に表している。
憂いを湛えた瞳で、遠くを見つめる。
詩的に表現すれば、哀愁の戦士。

哀愁を感じさせる表情、画像が非常に多い。
悲劇的な運命を予感しているかのように。
それが悲しいくらい絵になっている。

しかし彼の価値はあくまでレースにある。
日本の実況アナが鬼神の走りと表現していた。
素顔の彼はシャイで涙もろく、ラテンぽくない。
だが一度レースになると鬼神と化す。