ビートたけし - 男の肖像

男の肖像身体美学講座 Fhysical Aesthetics

ビートたけし

陰影ある白黒正面顔

2011年10月5日

元々は漫才師、つまりお笑い芸人。
それも毒舌、下ネタ、下品なネタ満載という芸風。
知性とは対極の個性に思えるが、事実はまったく逆。
下品さ炸裂させていた頃から、知性の片りんも見せていた。

片りんはやがて大きく開花し、日本を代表するマルチタレントに。
好感度、人気がきわめて高い。
前述の個性にもかかわらず人望も厚い。
活躍の分野も多彩、特に映画監督としては権威ある国際賞も受賞。
欧州など海外での評価が高く、世界の北野とも評される。

俳優としても存在感あり、監督と俳優を兼ねることも多い。
だが商業的には今一つ、もしくはまったく不発なことも多い。
黒澤明監督も海外の評価の方が高かったが、不発はなかった。
それもまた彼らしいユニークさというべきか。

国内でそれ以上に評価高いのは知識人、文化人としての顔。
科学、芸術、哲学と教養の幅は広い。
画像の表情も哲学者風で風格を感じさせる。

テレビの教養番組の冠、司会として登場することも多い。
芸人としての芸名が知性的なステータスになっている。
一方で毒舌、下品な芸風も未だ健在。
シリアスな中にも笑いネタがちりばめられる。
本質はあくまでお笑い芸人らしい。

交通事故で顔にダメージ受けたが月日経過してかなり回復。
画像を見てもよく分からない。
少なくとも最近の首相よりはずっと貫禄を感じさせる。
いくつもの顔を持っている。だが政界進出はありえないだろう。

間違いなく近年のテレビを支えてきた一人。
映画界よりテレビ界への貢献度がはるかに大きい。
だが大衆のテレビ離れが深く静かに進行している。
最近最も視聴率稼いでいた人も引退した。
今後も視聴率を生み出す存在であり続けるのだろうか。