三船敏郎 - 男の肖像

男の肖像身体美学講座 Fhysical Aesthetics

三船敏郎

若い頃正面

2013年8月22日

世界で黒澤明の名を知るものは三船も知るはずだ。
黒澤作品の最大の立役者、顔だからである。
黒澤の映像美に、欧米人も圧倒する重厚感を加えた。

下の画像は海外での映画ポスター。
上左は世界的スターが競演したハリウッドの大作「レッドサン」。
それ以外は黒澤作品。全部三船と黒澤が対で表記されている。

下右は初の黒澤作品「酔いどれ天使」
新人三船は主役ではなかったが、圧倒的存在感で事実上主役となる。
映画史に燦然と輝く黄金コンビの時代の幕開けとなる。

若い頃正面 晩年正面
若い頃正面 晩年正面

コンビを組んだ時代が、共に絶頂期となった。
黒澤の代表作はほぼ三船の代表作でもある。
故に三船あっての黒澤、黒澤あっての三船と言われる。

黒澤同様、海外で評価が高い点も共通している。
世界ではハリウッドスターも憧れる大スターだった。
東洋人が白人世界の憧れの的になった例は他にない。
黒澤同様、映画関係者の崇拝の対象となっていた。
日系人たちは三船を誇りに感じた。

三船の死は世界で大きなニュースとなった。
トップニュースになった国もあったという。
トップニュースになる日本人が他にいるだろうか。
政治家など誰も思い当たらない。

生前の三船自身は評価を高すぎると感じていた。
過大評価甚だしく、自分の実像と乖離していると。
喜びどころか苦痛に感じていたようだ。

一方国内の人気は世界と比例していない。
その点もまた黒澤と共通している。
両者とも世渡りは不器用な人間だったと思われる。

黒澤は自分を欠陥人格だと明言している。
トラブルがつきまとい、自殺未遂も起こしている。
三船も妻と泥沼の離婚裁判演じ、晩節を汚す。

石原裕次郎は死してなお時代の象徴として生きている。
高倉健は伝説に彩られ、老いてなお人望高めている。
二人は人気で三船に勝っているかも知れない。

結局三船と黒澤はコンビの時代が絶頂期。
コンビ解消後は、共にコンビ時代を超えることはなかった。
結果的に両者の代表作はほぼ重なることになる。

三船の晩年は不遇で、名声にふさわしいものではなかった。
死後国民栄誉賞の話も出たが、人格理由に却下された。
同賞を授与された黒澤と決定的に評価が分かれた。

しかし国内でも業界人の評価は高い。
世界での評価と基本的に同じ。
三船を崇拝する同業者は少なくない。
同業だけに価値を分かるということだろう。

監督の黒澤、俳優の三船、両者の輝きは一体で不可分。
二十世紀を代表する大衆芸術の一つ。
日本人が価値を知らないとしたら、両者に申し訳ない。

国民栄誉賞却下したときの政権は情けない。
同賞はスポーツでの選考基準も支離滅裂。
権威をはなはだ怪しくしている。

いまどき権威を信じている国民がどれほどいるのか。
価値の分からない政治家が自分のために選ぶ怪しい賞。
分かっている人はそう見ているかも知れない。

却下とは裏腹に三船の価値は不滅。
再評価はありえても下がることはないだろう。