男の肖像身体美学講座 Fhysical Aesthetics

田中角栄

演説する田中

2012年9月18日

当欄ではこれまで日本の首相が一人も登場していない。
特に理由はなく、単に思い当たらないだけ。
国家元首にしては目立ちにくい存在なのかも。
現首相が誰か知らない日本人もけっこういるという話もある。
誰でも同じと感じている人も多いようだ。

戦後に限っても数ばかり多くて、際立った人物は少ない。
そんな中で一人際立っているのが田中角栄。
コンピュータ付きブルトーザという異名が存在感を物語る。

バイタリティにあふれ、仕事量も抜群に多かった。
人間的には器の大きさが抜群だった。
誰にも気遣いする人で、その細心さがコンピュータ付きの所以か。

人は接する相手によって人間が変わる。
器が小さいほど人に多くの欠点を感じ、目くじらを立てる。
そのくせ自分の欠陥には鈍感で、気がつかない。
自覚がないので何ごとも人のせいにする。

ようするに器とは人を受け入れる容量に他ならない。
小人とは人を受け入れる容量が小さいのだ。

田中の人望の厚さは、器の大きさに比例していた。
人望の質量の大きさで際立っていた。
それが社会的実力と相まって、政治家として頂点にのぼりつめる。

貧相な首相も多い中で、田中は器に相応の風格も感じさせた。
近年の首相見ても匹敵する人物は見当たらない。
タイプとしては鈴木宗男氏がやや似ている。
だが田中のような活躍は実現できていない。

田中の自慢の愛娘、真紀子女史も華やかな個性で父の跡を継いだ。
だが器の大きさでは父に遠く及ばない。
器とは努力して大きくできるものではないようだ。

戦後を代表する政治家である田中だが、晩年は大きく暗転する。
一度は国家の頂点に立った人物が、収賄罪等で逮捕拘留される。
さらに実刑判決も受ける。

それでも田中の人望は揺るがず、政界に君臨し続ける。
表舞台から降りても影響力の大きさから闇将軍と呼ばれた。
それでも帝国は必ず滅びる。
一代で築いた帝国も徐々に弱体化していく。

最晩年は病気もあり、年齢以上に痛々しいほど衰える。
故に最後も大政治家らしい大往生とはいかなかった。
しかし近年の首相と比較すると、器の大きさが際立つ。

室伏広治

投げる瞬間 正面顔アップ

2012年7月16日

父もハンマー投げの選手で、アジアの鉄人と言われた。
長い間アジアで無敵だったからだ。
だが世界の壁を越えることはできなかった。

父と同じ道を選んだ彼の歩みは、父とよく似ている。
国内では無敵でも、やはり世界の壁は厚かった。
日本人としては素晴らしい体格だが、世界に出ると違う。

同種目の選手としてはスリムで軽い部類。
彼は体格差をカバーするために技術を磨く努力を重ねる。
知的な彼は様々な練習法を考え実践、成長を続ける。
歳を重ねるほど成長する姿は父とそっくり。

徐々に世界との差はなくなり、ついに父を超える。
父の果たせなかった夢、世界の頂点に立つ。
投擲種目ではアジア人初の五輪金メダル。

母の血も生きているのだろう。
母は欧州出身の白人で、槍投げの選手だった。
父も当然日本人としては恵まれた体格。
日本人離れした体格は生まれるべくして生まれた。

両親のなれそめは母の一目惚れだったという。
競技中の父の勇姿を見てのことだ。
彼にも女性ファンは多いらしい。
彼がどんな相手を選ぶか、いろんな意味で興味深い。

彼は単に体格が素晴らしいだけではない。
体型もきれいだが、何より姿勢美が素晴らしい。
スポーツ界でも随一、その点でも日本人離れしている。
技術、動作の洗練が美を生んだと考えられる。

「ゴルゴ13」の作者さいとうたかお氏も惚れている一人。
彼はゴルゴ13のイメージそのものだという。
実写版で彼に演じてもらうのが夢だというがはたして。

彼にとってロンドン五輪は、選手生活の集大成となる大会。
父も三十代後半で記録を伸ばしていた。
ぜひ二個目の金メダルを期待したい。
今度は直接表彰台で首にかける形で。

エルビス・プレスリー

斜め横顔 熱唱する全身像

2012年5月16日

ロックの草創期を飾ったスーパースター。
登場した頃最大級のスター歌手はフランク・シナトラ。
シナトラはエルビスの爆発的人気に脅威を感じた。
危機感故かエルビスを認めず、ボロクソにけなした。

だがエルビスは大御所の中傷など問題にせず世界的スターになる。
ロックをメジャーにし、ロックの王者として君臨。
だが彼の輝きも長くは続かなかった。
ロックが発展拡大するほどに彼の栄光は頭打ちとなる。

眼中になかった英国から自分以上に革命的なスターが登場。
ロックバンドのビートルズだ。
土俵が同じだけにシナトラ以上に脅威を感じたことだろう。
シナトラ同様、彼もまたビートルズをボロクソにけなした。
一方シナトラは逆にビートルズを称賛した。
敵の敵は味方ということか?。

ビートルズ以降、ロックの主流はバンド形態になる。
バンドではボーカルが主役とは限らない。
電気楽器によるサウンドが同等、時にはそれ以上になる。
特にギタリストはボーカル以上に花形の観がある。

エルビスのスタイルは早々に古くなってしまった。
ジョン・レノンにとってエルビスはロックに目覚めるきっかけ。
なれど目標として目指す対象にはならなかった。

ビートルズはレコード会社の企画でエルビスと一度会談している。
エルビスの自宅を訪問する形だったが、それが最初で最後。
やはり水と油?、親交が生まれることはなかった。
ビートルズはエルビスを無視するように飛び越えていった。

しかしビートルズも活動期間は長く続かなかった。
デビューから約8年ほどで解散してしまう。
だが名声は世界最大級、神話となって生き続けることになる。

ロックの王者は誰か?。
エルビスは一度頂点に立っただけに、過去の栄光が呪縛となる。
新興のロックスターたちの隆盛の中で、自分の居場所を見失う。
健康を維持できずに42才の若さで波乱の人生を閉じる。
結果的にロックの王者というよりは先駆者。
可能性を実証し、世界に知らしめたことが最大の功績だと言える。

坂本龍馬

顔斜め前写真

2012年3月6日

明治維新、すなわち文明開化直前の時代でぎりぎり間に合った。
リアルな肖像が。つまりかなり鮮明な写真が残された。
だが歴史上の人物として人気なのは、その個性故だろう。

若くして稀有広大なビジョンを掲げ、明治維新に貢献した。
おりしも長く低迷し、混迷を深める今の日本社会。
平成の龍馬の登場を待望する声をよく聞く。

最近存在感を高めている橋下大阪市長が、候補との見方もある。
では龍馬なら本当に時代を変えられるのだろうか。
筆者の私見としては、少し人気が先行していると感じる。
彼が傑出した魅力的な人物だからこそだろうが。

彼は歴史上の偉人としては致命的な失敗をしている。
それは若くして暗殺されてしまったこと。
故に歴史への影響力も中途で途絶えてしまった。

激動の時代、命の危険に満ちていたはず。
時代を動かす偉人は生き延びなければならない。
どんな大器も死ねば終わり。まず生きることがすべての前提。

戦国の革命児、織田信長の生涯は戦に始まり、戦に終わる。
絶体絶命の危機も度々あったが、臨機応変な危機管理で回避。
半世紀舞台に立ち続けたからこそ時代を変えることができた。
最後は天才らしからぬミスで、あっけなく閉じた。
しかし天下布武のビジョンはほぼ達成している。

それだけに龍馬暗殺は非常に残念なできごと。
ただ天才は自ら墓穴を掘ることも多いのも事実。
橋下大阪市長には墓穴を掘らないよう願いたい。

マイケル・ジャクソン

顔斜め前

2012年1月4日

世界最大級のポップスター、説明はこれだけで十分だろう。
だが当欄の趣旨に合うのかどうか微妙で特異な個性を持つ。
彼の本当の肖像はどこにあるのか。
彼にとって肖像とは何なのか。

若年期から整形手術を重ね、晩年は原型を留めていないからだ。
美学の標語にあるように、顔は人格の看板。
人工的に作られた容貌は彼の人格を映しているのか。

子供時代の容姿は普通の黒人少年だった。
つまり黒人の普遍的特徴を持っていた。
だがスターとして成長するにつれてその特徴が消えていく。

かわりに白人的な特徴に変化していく。
造作はもとより頭髪や肌の色までが。
(ただし肌の色は病気が原因だという。)

画像はまだ黒人の特徴が残るいわば中間期。
この後さらに変化していく。変化しなかったのは表情だけ。
つまり表情筋をいじらない限り、表情は変化しない。
晩年は黒人的特徴がほとんど消え、限りなく白人に近い。
いったいその変化は何を意味するのか。

音楽界には黒人のスターが他にも少なくない。
だが彼のような事例は他に見られない。
ダイアナ・ロスやホイットニー・ヒューストンなどの女性スターでも。

大スターになるほど、人格を維持するのが難しくなる。
イメージに縛られ、破滅する例も珍しくない。
繊細な彼は常に格闘していたと想像される。
彼の死因は薬物事故だという。

では事故がなければ今もまったく健在だったのだろうか。
人格の看板を見る限り限界が近かったのかも知れない。