男の肖像身体美学講座 Fhysical Aesthetics

本田宗一郎

2015年2月20日

ホンダを一代で世界的企業に育てあげた起業家。
戦後生まれの企業の成功物語としては最大級。
同じく戦後生まれのソニーと双璧をなす。

全盛期の肖像

ソニーの場合、カリスマ的リーダーが二人存在した。
ホンダも優秀なパートナーが脇を固めていた。
しかしカリスマはあくまで宗一郎一人。
戦後を代表する企業家だと言える。

彼はたたき上げの技術者。
松下幸之助と同じで高学歴ではない。
頑固一徹の職人的な気質だった。

社長になっても作業着で現場に立つのが常。
頑固なだけでなく、言動も荒っぽかった。
腕白な少年がそのまま大人になったかのように。

全盛期の肖像

部下に対して罵声はもとより、しばしば手も出た。
お世辞にも紳士的とは言えない。
当然恐れられる存在だった。

されど憎まれることは少なかった。
怖いけど憎めない存在。
親しみを込めて親父と呼ばれていた。

暴力的でも慕われる。彼の真骨頂かも知れない。
その点は荒法師と言われた土光敏夫氏と似ている。
(ただし土光氏は非暴力だった。)
土光氏も特筆すべき起業家、財界人だ。

ホンダは人々に夢を与えた。
優れた製品を生み出すと同時に、レースでも活躍。
2輪でも4輪でも世界の最高峰に立った。

アイルトン・セナの伝説もホンダと一体だ。
彼はF1で3度ワールドチャンピオンに輝く。
3度ともエンジンはホンダだった。
セナ伝説=ホンダのレース史の頂点。

セナは宗一郎に直接祝福されたことがある。
満面の笑顔で「いいエンジン作るよ」と。
セナは感激のあまり、感涙にむせんでいた。
親父の慈愛、カリスマ性のなせるわざであろう。

彼は名言も多く残している。
叩き上げだけに、実体験から学んだ教訓に満ちている。
彼自身は名言通り生きたから成功した。
と思われがちだが、現実は違う。

長所と短所、強みと弱みは表裏一体で紙一重。
頑固さは一歩間違えばただの独善。
常に自分を客観視する余裕がないと、暴走しやすい。
彼もまたその罠から逃れきれなかった。
破滅目前まで暴走したこともある。

それでも土壇場で危機を回避する。
そうして多くの困難を克服してきたから今がある。
そのとき彼を、ホンダを支えたのは優秀な社員たち。
彼らなくしてホンダはありえない。
彼らをまとめたのが宗一郎のカリスマ性であろう。

松下幸之助

全盛期の肖像

2015年2月20日

日本を代表する企業家の一人。
経営の神様の異名が固有名詞として定着している。
神様といえば彼なのである。

一代で世界的企業を築き上げた。
実績を見れば誰もがパワフルな人物を想像するだろう。
下の若きの日の画像も、普通に健康な青年に見える。

全盛期の肖像 全盛期の肖像

ところがまったく体力のない虚弱体質だった。
常態が半病人だったと言って過言でない。
つまり健常者とは言えない障害者に近い水準だった。

虚弱は血筋で兄弟多かったが、大半が若死にしている。
彼自身も中年までは生きられないと見られていた。
だから健常者と同じようには仕事できなかった。

十代から7年間電気工事の仕事に携わる。
連日の肉体労働に耐えられず、2〜3日働いては1日休養。
それが精一杯のローテーションだった。
虚弱ぶりも大成功者としては稀有な特徴である。

しかも戦前は日本人全体の平均寿命が極めて短かった。
ところが激動の戦中戦後を迎えた時、すでに壮年期。
青年時代の医者の見立てではすでに故人となる年齢。
現実は意気軒昂で会社は益々発展、高度成長期を迎える。
世界的な家電王国を築き、基幹産業の一翼を担う。

パワフルな人物でも早死にする例は珍しくない。
天才スティーブ・ジョブズも五十代で病没した。
超虚弱な彼がなぜ94才まで生きられたのか。
現代の平均寿命も大幅に上回る。

おそらく虚弱だからこそ、常に細心の健康管理していた。
無茶をすればたちまち、体が悲鳴をあげる。
常に体と対話し、向き合っていたと想像できる。
たゆまない自己管理の賜物、と考えるのが自然だろう。
美学の立場からも彼の生活は興味深い。

恵まれなかったのは健康だけではない。
経歴もエリートの対極と言えるたたき上げ。
最低限の義務教育すら修了していない。
家が破産して幼くして丁稚奉公に出されたためだ。
今なら中卒以下ということになる。

起業も吹けば飛ぶような家内手工業的水準。
そこから一代で世界的企業に発展させた。
すなわち20世紀を代表する世界的経営者の一人。
画像にあるように米タイム誌の表紙にもなっている。
経営の神様と言われる所以だ。

彼亡き後の同社は順風満帆ではない。
近年の経済構造の激変に、対応仕切れていない。
彼の姓を冠した社名も消え、英語名に変わった。

かつては業界随一のブランド力を誇っていた。
値引き幅の少ないメーカーの代表だった。
そのブランド力ももはや有名無実。
世界でも国内でも苦戦が続いている。

一方同じ基幹産業、自動車業界は今も栄華続く。
トヨタは日本を代表する企業であり、世界一でもある。
精彩を欠く家電業界とは対照的。

カリスマ経営者が育てた松下電器。
新生パナソニックにカリスマはいない。
はたして往年の栄光を取り戻せるのか。
同社の奮起を期待したい。