男の肖像2身体美学講座 Fhysical Aesthetics

スティーブ・ジョブズ1

2009年4月26日

ジョブズ画像1 ジョブズ画像2

画像の丸眼鏡はジョン・レノンの眼鏡とそっくり。
これは社名同様、その影響だろう。表情までジョンに酷似。
頭が長髪のジョンに対して極薄と対照的だが。

一般的には億万長者のビル・ゲイツの方が有名かも知れない。
だが本物のカリスマ性でジョブズの右に出るものは希有。

当然個性は強い。妥協なく突き進む。当然行くところ波風がたつ。
自ら創業、業界最初の成功物語となったアップル社も一度は決別。
紆余曲折を経たあと復帰、傾いていた同社を甦らせる。
彼及び同社は成功物語の第二幕を形成しつつある。

日本人にはiPodやiphoneはなぜソニーではないのか。
ソニーの土俵だろうと疑問に思う人がいる。
答えは簡単。ジョブズはソニーではない、それにつきる。

アップル社の製品はすべて彼の美意識に貫かれている。
ハードもソフトも表だけでなく、内部まで美が追求されている。
黒澤明監督が映らない部分まで仕込みをしたのと似ている。

表向き似たものなら他社でも作れるだろう。
だがハードソフト一体で一貫した精神で統一されたものは至難。
核となるソフトを持ち、ハードと一体設計できるのは世界で同社のみ。
もちろんソニーにも真似できない。
ジョブズの才能、美意識を知らずしてアップルを語ることはできない。

彼のカリスマ性は同時に同社の弱みでもある。
一人の才能に支えられる状態は脆弱きわまりない。
おりしも健康を崩し、現在病気療養中。
アップルファン、社員、関連企業、株主、誰もが復帰を祈っている。

スティーブ・ジョブズ2

2010年8月23日

ジョブズ画像1 ジョブズ画像2

復活初回は初の再登場(前回は昨年4月)、IT業界のカリスマ。
いや今や業界の枠を超えた世界屈指のカリスマ経営者。
前回掲載時は病気療養中で、復帰できるのか心配されていた。

だがやせても健康は回復したようで、夏には再びアップル社の陣頭に立つ。
復帰後同社は前にもまして怒濤の快進撃が始まる。
秋にはiPodやMacOSXのメジャーバージョンアップ。

今年に入るとさらに加速、iPadの発表および発売。
休むまもなく、iPhone4の発表、発売。両製品とも世界で大ヒット。
ただiPhone4はアンテナ受信問題でけちがつく。
それでも人気が落ちることはなく、勢いは止まらない。

そしてついに株式の時価総額でマイクロソフトを抜き、世界一のIT企業に。
この事態を知って読者は何を感じただろうか。
同社の成功はある事実を暴いている。それは経済学者やマスコミの無能。
十年前今日の成功を予見した人が何人いるだろうか。

iPodが出たとき、潜在的可能性を見抜いた人が何人いたか。
ヒットした後も日本製がすぐ追い抜くくらいに見られていた。
さらにこの前例があるにもかかわらず、iPhoneで同じ失敗をしている。

あんなものは日本では受けない、と。
発売後は失敗したという記事さへ見られた。
それが今や後発のスマートフォンはほとんどiPhoneのコピー。

iPadでは学習効果が出た?。いや依然同じ反応は見られる。
たぶん死ぬまで変わらない?。なぜこんな乖離が起きるのか。
やはりジョブズは凡人には見えない先が見えているようだ。
彼については短いコラムで本質的なことは書けない。